理学療法士の荒川です。

今日はまだまだ未熟な自分でしが、それでも新たな気づきと言える発見をしました。

“ピラティス” はジョセフ・ピラティス(1880〜1967)が作った身体調整法です。

ピラティスで最も重要視されているのは、コントロロジーという考え方です。自分の意思で筋肉の動きをコントロールすることです。

地球上に生きる原理として、常に上から重力を受けています。関節モーメントとは、簡単に言うと、関節にかかる重力の影響のことです。

今日、私はピラティスのエクササイズをしながら、『今この関節が、上からの重力に押しつぶされそうになっているな。』

『この重力に負けないよう姿勢を保持してるのは○○関節を△方向に動かす□筋肉だ。』

こんなことを考えて運動してました。
終わってみて気づいたこと。

それは、関節モーメントを考えながら運動すると、常に働いてる筋肉に意識がむく。
つまり、コントロロジーの実践?になるのではないか。

今はまだ始まったばかり。今後も継続していきたいです。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 利用者さんの”拒否”から学ぶ
    稲崎
  • 利用者さんの”拒否”から学ぶ
    なまけサバイバー
  • 新規利用者さんとのかかわり
    佐野希
  • 利用者さんの”拒否”から学ぶ
  • 利用者さんの”拒否”から学ぶ
    佐野希
  • 勉強会
    岡村
  • 入社して1ヶ月
  • 入社して1ヶ月
    佐野希
  • 勉強会
    佐野希
  • 入社して1ヶ月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM